婚活がうまくいかない理由。

 

すべての人が幸せになる 心にとどめても見えなかった美しくもやさしいせかいを彩るー。

いろふちゃんでございます🎀

ブログを読みにきてくださり誠にありがとうございます

読むだけで魅力爆盛!

幸せの主役は自分。

見た目も内面も将来も私がなりたい私。

自分の在り方を一緒に見つめながら、今宵もあなたのお悩みに深く寄り添います。

詳しいプロフィール👉https://this-is-hotoke.com/self-introduction/yasasiisiawase/

 

皆様からのご意見、ご要望などは随時お待ちしております。

無益な争いや偏見のない、やさしいせかいになりますように。

🚨注意事項🚨
🌸あくまでも個人的な「意見」です。
🌸 ここに書かれていることは「正解」ではなく、「傾向」や「提案」です。
🌸必ず「変化」「効果」があるのものではありません。
🌸「個人差」があります。
🌸鵜呑みせず、自分の「考え」を挟んで、「実践」して、「自分に合った方法」を見つけ出してください。
🌸これらは統計学、心理学、行動学、脳科学、恋愛・結婚事情調査、自身の経験と知識で構成されています。
🌸医師ではなく、あくまでも心に寄り添うことを目的としたカウンセラーです。

今回は、アプリ、相談所、友達の紹介などで活動していて

「なんでうまくいかないのー!!!」と、今すぐどうにかしたい方へ

婚活をしているのに、婚活がうまくいかない10理由と対処法ご紹介いたします。

※気分が下がっている方は読まないでください。

まず初めにお伝えしたいこと。

あなたは今、

本当に結婚したいですか?

質問を変えます。

本当に誰かと一緒に生きたいですか?

結婚は生活。

今、あなたはお一人で、お一人の生活をされています。

ある程度、自分一人ででき、自分のペースで、自分のしたいことを自分のタイミングでやり、自分のしたくないことは自分のタイミングでやめることができます。

その生活を※変えることはできますか?

※「変える」とは、自分ではない別人になるということではなく、二人で生きていくためにアップデートをする。お相手に合わせる。譲歩するというイメージです。

つまり、

誰かと一緒に誰かの人生も生きるということ。

誰かと共に生きる将来を見据えていますか?

相手ありきで考えられていますか?

その覚悟はありますか?

厳しいことを申し上げますが、あなたが選ぶように、お相手も選びます。

あなたに好みがあるように、お相手にも好みがあります。

だから、ご縁というのは同レベル(同じようなスタンス、同じスペック、同じ性質)です。

「相手がいての結婚」で考えることをお忘れなく。

今回のブログは結婚できない原因と解決方法をお話ししながら、あなたの奥深くにある本音を深堀していきたいと思います。

※解決方法の詳しいことは無料公開なので載せれません。
細かい方法を知りたい方・自分にあった方法を客観的に知りたい方はカウンセリングいたしますので、ご依頼お待ちしております。
(現在1ヶ月待ち。3月からお受けしております。リピーター様や相談所の会員様はすぐにお問い合わせくださいませ。)

お急ぎの方はもう一人の仲人であり、いろふちゃんの意思を継ぐもの、よもぎ姉さんへご相談&ご入会説明のご案内👉https://twitter.com/sugar_2830

 

①自らの意志で「結婚」を選択していない

突然ですが、質問させてください。

あなたにとって”結婚”とはどんなものですか?

あなたのイメージする「結婚」を説明できますか?

結婚生活をちゃんと明確に考えて計画を立てられていますか?

この質問の意図は、

あなたの「結婚したいです」は

自らの意志で選択をしているのか

世間一般的に、年齢的に、生活に、親が…これから生きていく上で不都合があるからなのか

他人や社会がどう評価しているかに合わせて毎回コントロールされてしまう方は、世間一般の社会の価値観にコントロールされます。

そのレールに乗っている時点で「結婚したい」と言っていても、

結婚できる幸せよりも、

結婚できた状態の自分に価値があると思い込んでいる可能性が高いです。

断言します。

結婚している・していないで価値は変わりません。

結婚に価値があると持っているのは己の心

あなたの「結婚」は、あなただけのもの。

そして相手あってこその結婚です。

結婚の対してぼんやりしている、相手ありきで結婚を考えれていないと、婚活をしていてまず迷います。軸がブレます。

【対処法】

「婚活している目的を確認しよう!」

 

②「結婚」「夫婦の在り方」に理由を求めるようになった

世間一般的にしないといけない

年齢的にしないといけない

生活(精神的・経済的な安定)のためにする

親がうるさい

そんな理由なら、

次に出逢った人と何にも考えずに結婚してください。

私たちの親世代を見てください。

結婚した理由をなんと言っていますか?

大体の親御様は

結婚に対して理由がない(世間一般的に・年齢的に流れでしている)

結婚すること自体に悩んでない。

夫婦の在り方も見てください。

何も言わずにごはんだし、食べる。

「嫌だ」は言うけど、言わないならYESと暗黙の了解。

夫婦の在り方に理由がない。

しかし、時代は変わりました。

結婚に対して

「好きな人と♡」

「一緒に生きていきたい人と♡」

「妥協しないで、この人と思える人と♡」

と、結婚に理由がつき、

夫婦の在り方も

「毎日、ありがとうを言う♡」

「話し合いができる♡」

「家事は分担♡」

とこだわるように変わったのです。

 

親世代に育てられた私たちは、育てられたように育ちます。

親をお手本として、結婚・夫婦というものはこういうものだ、と学ぶ。

しかし、

あれれ〜???おかしいぞぉ〜????

周り、なんか違う。

なんだかものすごく夫婦仲が良くて、幸せに満ち溢れている。

コミュニケーションの量も質も全然違う。

結婚相手を妥協しないで選んでいる。

じゃあ、私もそうしないとなのかな?(思い込み)

でも、結婚に理由を求めない親世代の方法しか知らない。

夫婦の在り方にこだわらない親世代の在り方しか知らない。

コミュニケーションの取り方を知らない。

仲の深め方を知らない。

そのまま婚活する…

自分の「この人!」に会えない!!!

話し合える人に出会えない!!!

どうするの〜!!!!!

と、時代と共に結婚・夫婦の在り方が変わったのに、

変わったと気づいていないから、変えていない。

女性は特に求めるようになったので、ここのギャップに沼ってます。

男性は親世代のような結婚が結婚だろうと思っているので、多くの方は時代が止まっています。

求めれば求めるだけ、自分が変わらなければならない。

【対処法】

「結婚したらどうありたいのか自分の気持ちを知り、アップデートしよう!」

 

③単純に行動量が足りなく受け身

「痩せたい!」という目標があるのに、食事制限や運動などの行動をしていないと、痩せないですよね?

婚活でも同じです。

自ら「結婚する」という「目標」

「本気」で、「行動」しなければ

出会いはない!

目標と行動は、常にセットです。

「結婚したい!」といいながら、

お申し込みをしない。

「なんとなく…」で決めつけてご縁を掴もうとしない。

せっかくマッチングしたのに、自分のタイプではないからと、そのご縁・相手の真剣な思いを蔑ろにする。感謝をしない。

結婚したいのに恋愛に走ったり、不倫・ワンナイトのような出会いをする。

マッチングアプリ・パーティー・相談所だけが出会いだと思っている。

本は買って満足、読んで満足。

アプリは登録して、いいねだけとりあえずする、たまにメッセージして終了。

相談所は入会したけど、お申し込みをしない。

友達に「いい人いたら紹介してね〜」と言ったっきり。

関係が進んでも「なんか、足りないんだよな〜」と不満を言う。

パーティーに行っても声をかけられるのを待つ。

そうやって、

結婚に向かう確かな出会いを求める行動をしない。

うまくいかないと、すぐに諦めてしまう。

待っていても王子様は来ないよ、シンデレラ?

王子様は待つんじゃない。

自ら会いにいくんだ!!!!

それがなぜできないと思いますか?理由は2つ。

①結婚していない方にメリットを無意識で感じている

それなりに充実した生活をしているし、趣味の時間や友達との時間欲しいし、エステや習い事も合って、自分のお金の使い方やライフスタイルを変えたくないな〜結婚したら変えないとだもんな〜合わせないとだもんな〜嫌だな〜

今カツカツで仕事でのトラブル続いて、精神的にもお金もギリギリだな〜転職したいけどタイミンングがな〜無理だな〜私にはできないな〜

「嫌だ」「無理」「私にはできない」

こんな気持ちが少しでもあるから、行動しない。

今年までに結婚しないと生きていけない!!!

もう何がなんでも今すぐ、結婚したい!!!

と、必死になっていたら、自分の中のメンタルブロックがあろうとも、「する」という行動をします。

今のあなたにとって、結婚の優先度が低く、婚活ができる時間とお金がないら、一層のこと、辞めましょう。

自分のやりたいことを思いっきりやって、人生を楽しんでください。

メンタルは…「結婚しなきゃ!」じゃなくて、「結婚したい!」に気持ちが切り替われば、自然と「行動」します。

今年までに結婚しないと生きていけない!!!

もう何がなんでも結婚したい!!!

と、必死になっていたら、行動します。

②出会える状態ではない

出逢いは突然やってきます。

身なりや振る舞いを特別な日だけ気を遣うのではなく、日常からベストを尽す努力をすること。

その時だけ美容院へ行く、その時だけ部屋を片付ける、その時じゃないからどうでもいい服装で過ごす、その時じゃないから体型にも肌にも気を使わない、趣味の時間があるから夜遅くまで起きている、お金は使いたいだけ使うなど、

「一人だから」という理由にずっと浸っていませんか?

「毎日やる!」ということではなく、「毎日できることをする!」ということにベストを尽してください。

毎日コツコツと積み重ねの努力をしてきた人だけが、実る。

そして、急に誘われても行けるようにスケジュールは余裕を持たせること。

スケジュールが詰まっている人は、常に心が不眠不休状態。

仕事や趣味、用事に勤しんでいたりと精神的にいっぱいいっぱいで新しい事を受け入れる余裕がないと、常にイライラして近づきたくない人なったり、ネガティブ思考になりがちです。

自分のためにも出逢いのためにも余裕は大事。

そしてこれまでのご縁、周りの人に感謝をしてください。

一つ一つのご縁を蔑ろにし、感謝ができないような人に素敵なご縁を見つけることは難しいです。

”努力”と”余裕”がある状態で、「感謝できる人」でいると、ご縁の神様は微笑む。

 

今日から受け身を卒業しよう。

紹介されるのを待つな!リードされることを求めるな!関係が進むを期待するな!

自分から、積極的にアクションしろ!!!

本気になって、真正面から向き合え!!!

興味を持て!話しかけろ!好意を示せ!連絡は頻繁にしろ!デートに誘え!

「自信がないから行動できない」のではなく、「行動するから自信がつく」

「本気がないから行動できない」のではなく、「行動するから本気になる」

運が味方をする人は、いつでも自分から行動できる人。

運は自分で運ぶもの。

やるだけの行動をして、断られることなんて当たり前です。

その人とはご縁なかっただけですから、自信をなくさないでください。

やる前から結果を求めるな!!!

構えちゃっているのは、自分の心。

自分から心を開けば、相手の心は開く。

自分からしないと何も始まらない。

【対処法】

「すべてのご縁に心から感謝をし、自分から積極的にアクションしよう!」

 

④自分にも相手にも厳しい

決められたスケジュールをこなさないと気が済まない。

自分はこうじゃないから…他人と比較してしまう。

何か一つ欠けているところがあると、気持ちが沈む。

ほめられても素直に受け止めれない。

何かと許せないことが多い人は

自分にも相手にも厳しく見てしまう癖がついています。

我慢強く、向上心高く、真面目で努力家という利点がありますが、自分の首を絞めすぎて、生きづらくなってしまいます。

相手もまたそんなあなたと接しているうちに疲れを覚えるので、悲しいですが離れていくでしょう。

なぜなら結婚相手に必要なのは
ずっと一緒に入れるか?=落ち着けるか

つまり、癒やし・安らぎや安心感を求めるからです。

焦りやイライラ、完璧を求められたら、落ち着けませんよね?

どんなに可愛くて美しい女性でも、男性は心休まる人のところへいきます。

また、自分や相手のいいところに気がつけなく、欠点やコンプレックスばかり見て、どんどんネガティブになる傾向があります。

許し方には人となりが表れると言われています。

「え、こんなことで怒るの?」「あ、許せないんだ」という場面があると、今後の付き合い方が変わります。

「許す」とは 認める。受け入れる。尊重する。合わせる。譲歩する。

❌諦める、どうでもいい

間違いを許す。

失敗を許す。

欠点を許す。

価値観の違いを許す。

そういうこともある。

人には人の事情がある。

だめでも次がある。

本当に嫌なこと(浮気・無礼)は許さないけど、受け入れたいスタンスでいる。

そうやって許す練習をすること。

厳しくする癖は単純に自分の捉え方(勝手な思い込み・解釈)の問題だったりします。

「ここができない…」と思うのか

「ここはできないけど、ここはできる!」と思うのか

「この人はタイプじゃないから…」と思うのか

「この人はタイプじゃないけど、こんなところが素敵だな、こんなところ愛おしいな、こんなところ尊敬できるな」と思うのか

自分の捉え方次第で、現実も自分の気持ちも変わってきます。

自分が思うことはそのまま具現化する。

思った通りになる。

自分を許し、他人を許し、すべてを許せる人は愛されます。

自分のことも愛せるようになります。

どうしたら許せるだろう?なんでこうなったんだろう?と、自分の行いを振り返ったり、分析して原因を見つけようとしたり、どうすれば解決するかを思考し、探求し、自分の捉え方の幅を広げることが大事です。

本を読んだり、たくさんの人の話しを聞いたり、生活にゆとりをもた背たり、時には相談したりして、たくさんの思考に触れて養うこともおすすめです。

人を好きになれないのではなく、

自分が相手を好きになろうとしていない。

【対処法】

「自分も相手にも許せるように練習しよう!」

 

⑤いい人がいないと決めつける

婚活をしているのに「いい人に出会えない」って辛いですよね。

私も婚活をしていたときは、本当に辛かったし、自分がだめだからうまくいかないんだ…と、責めました。

自分が好きではない人ばかりアプローチされる。

自分がいいなと思った人からは相手にされない。

とりあえず紹介された人と会ってみたら、逆に断られてショック!

ということもありました。

うまくいかないときこそ、問いかけてみてほしい。

「断る理由を見つけてない?」

私のタイプじゃないから

年齢が離れているから

お店の予約をしてくれない

嫌なところばかり、相手に思ってませんか?見つけていませんか?

厳しい言い方をしますが

自分はどうですか???

または、プロフィールを見ただけなのに、文章や写真で

友達との時間を優先にしがちかもしれない

今住んでいるところが、職場がここだから

結婚したら大変そう

〇〇な人かもしれないから、この条件の人は無理!」

と決めつけていませんか?

決めつけで多いのが写真。

写真は撮り方によって変わります。

会ってみたら素敵な方なのに、写真だと本来の魅力が出しきれていない方は男女問わずいらっしゃいます。

「写真よりも実際の方がいい」と100%に皆さん思われます。

(体型や髪型が違っていなければ&服装の乱れがなければ)

なぜなら、静止画は相当撮り慣れていないと、自分の魅力が緊張で出しきれず、半減します。

会ってみると、雰囲気、表情、声、しぐさで印象が加算されます。

文章だって、本人が苦手で書けなかったり、仲人によって文体が変わります。

プロフィール写真や文章が微妙でも、はたまた微妙でなくても

本当にその人がどう気持ちで、どう生きていきたいのか

自分と合うのか合わないのか、好きになれるなれないのか

「こうかもしれない」は自分が思い込んでいるだけで、その人のことも将来も相手に確認しないと分からない。

自分の気持ちは、相手と会って初めて分かることがあります。

相性なんて特に時間を共にしないと分からないです。

何度も強く申し上げたいことは、

会う前から、「いい人じゃない」と決めつけているのは、自分。

「こうかもしれない?」と思うのはいいんです。

みんな腹の底では、いろいろ思ってます。笑

イメージ通りだったということもありますが、会う前から、よく知らないのに、決めつけるのは失礼です。

逆の立場に立つと、そうされたら嫌だと思います。

その人が絶対そうとは限らないので、まずは会ってみればいいんです。

※自分の抱いた印象の感覚(違和感)は大事にしてください。

断言します。

あなたがこれなら出会う人はすべてを兼ね備えた理想通りの「いい人」ではありません。

これから「いい人」になるダイヤの原石です!!!

「磨けば光るな」と将来性に気づいてください。

「この人のいいところを知りたい!」と、思って、いいところを見つけようとしてみてください。

もし、自分のいいところを見つけてもらえたら、嬉しいですよね。

いいところを見てくれるような男性と一緒にいると、幸せな気持ちになりますよね。

完璧な人なんていません。

自分のタイプの人が相性のいい人とは限りません。

いい人に出会えないは相手のせいではなく、己の考え方に問題がある。

【対処法】

「”いい人がいない”ではなく、”いい人しかいない”というスタンスで、等身大のお相手を見る。相手の考えや気持ちを決めつけないでおこう!」

 

⑥求める人の像や期限を明確にしていない

普通に生きていて、普通に出会い、好きになった人と普通に結婚。

これは、意外と少数派です。

また、何人と付き合ってきた、私は好きになれないタイプ、など関係ありません。

恋愛は娯楽。結婚は生活。(もはやいろふちゃんの口癖です笑)

全く別物です。

結婚したいなら、本当にどんな人と結婚したいのか?どんな人と生活できるのか?どんな人と生きたいのか?

恋愛ではなく、結婚するならと、現実的にイメージできていますか?

明確にすることで、「この人だ!!!」と気づける可能性が高くなります。

もし、自分の求めている人に選ばれていないなら、自分の希望と自分の実力にギャップがあります。

まずはその現実を受け止めて、求める人の像を見直しをし、求める人に選ばれるレベルにまで、外見&内面を磨くこと。

もしくは今の魅力が刺さるフィールドで見つけること。

そして大事なことは、

「ありがとう」と相手に言ってもらえるように喜ばせる人になること。

相手が不快にならないよう配慮できる人になること。

人は同レベルの人としか付き合えない。

私は常々「結婚は妥協するな!」と申し上げておりますが、

この妥協って条件や理想に妥協しないのではなく、

「この人と一緒に生きたい」という気持ちに妥協しないことです。

もちろんスペックだけ見て結婚して、お互い納得しているのなら、ありです。

ここの「妥協」をどこに持っていくかで「求める人」は変わります。

また、期限を設けること(いついつまでに結婚する!断定)で、期限内に目標が達成できるように、必要な行動を自分なりにしようと本気になるので、達成しやすいです。

焦ったり、迷ったら、その都度、自分の気持ちに向き合う時間をつくる。

気分が下がったら、デトックスをしてゼロにする。ゼロにしてから気分を上げることをする。

筋トレと一緒で、毎日の積み重ねを自分がするからこそ、結果が伴います。

【対処法】

「理想の人」ではなく、「求める人」を明確化し、現実を受け止め、レベル上げをする&期限を設けて、必要な行動をしよう!」

 

⑦思い込みがある

私たちは例え同じ年齢、出身だったとしても、生まれも育ち方も違う中で、

いろんな経験をし、いろんな環境により、いろんな思い込みを抱えて生きています。

多くの思い込みパターンが2つ。

①「家族=幸せじゃない」という思い込み

私もそうでしたが、両親が不仲で、浮気をした、DVをしていた、育児放棄をしたなど、

家族という関係が機能しなくない環境で育った人は、「結婚したい!」と思っていても、

家族になる=幸せじゃない

というイメージが潜在意識として植え付けられているため、

家族になる自分が幸せでいられるという想像ができず、

いざ結婚する!という決断を前に、怖くなって逃げ出そうとします。

②「私は愛されない」という思い込み

自分が頑張る恋愛をしてしまう。

既婚者ばかり好きになる。

言いたいことがあっても我慢してしまう。

大切にされず、いつも疲弊している。

それは、私には魅力がないからだ。

愛される資格がないからだ。

そうやって、いつも他人と比べて落ち込んでしまったり、他人がどう思うかを気にしすぎて、素直に気持ちを言えなかったり、期待に応えようと必要以上のことをしようとして自己犠牲ばかりし、無理をして心身ともにボロボロになります。

そのまんま結婚しても、改善しないといけない問題、いつか乗り越えなければいけない課題から逃げても同じ試練がやってくる。

それを見過ごし、なんのために生きているのか分からない…

そんな方を私は多くカウンセリングをしてきました。

どういう状態になったら、自分は幸せなのか?

どこで「うまくいかないな」と思ったのか?

自分自身を思い返してください。

自分のことを一番大切にしてもらおうとせず、自分が自分を一番大切にする行動をする。

【対処法】

「自分を大切にできるよう、自分と向き合い、自分を育て直そう!」

 

⑧頼らない

誰もが自力で結婚できる、とは限りません。

婚活をして自身の成長が感じられず、ただ「うまくいかないな」という状況が続いているのなら、そのやり方は間違っている可能性があります。

考えすぎて何にもできずフリーズするなら、頼れ!

「結婚したい!」と思っているだけでは結婚できないぞ!!

「考えてみよう」と、考えたとしても、自分の価値観の中でしか考えていないので、結局変わらないパターンが多いので、第三者の意見(婚活を終えた人既婚者)を取り入れると、見えなかった景色が見えてくることがあります。

うまく話そうとする必要はありません。

分からないなら、「分からない」とそのまま言えばいいんです!

「どうしたらいいですか?」と聞いていいんです!

もし誰かに頼りたいなら、自分に合った婚活のプロがオススメです。

一個人の私が思う、自分に合った婚活のプロとは

①幸せな結婚している
②人として尊敬しているorこの人から学びたいと思う
③正直な気持ちを話せる安心感がある
④レスポンスが早く、まめである
⑤「あなたはこう」と考えを押し付けるのではなく、「これはどうですか?」と提案してもらえる
⑥小手先テクニックではなく、本質的なアドバイスが教えてもらえる
⑦話をしっかり聞いてもらえる

番外編…相談所なら上7つ+⑧相手の結婚相談所にかけあってくれる

そこにお金と時間と情熱をどれだけかけれるかだと思います。

自称婚活のプロ、実績があっても自分に合わない場合もあるので、SNSやクチコミはもちろん、ちゃんとご本人とゆっくり話し、コミュニケーションを重ねた上で見極めた方がいいです。

相談所なら特に担当仲人と二人三脚で活動しますから、自分がどこまでサポートされたいのか、どこまでサポートしてくれるのか、相談所によってサポートの量と質は違うので、大事だと思います。

相談所に入会したから、婚活コンサルをしたから、実績があるから、手厚いサポート受けれる訳じゃないんだな、と自身が婚活時に相談所や外部のカウンセリングしてもらったり、他会員様からのカウンセリングを通して実感しました。

もし特定のサポートを受けたい!と思う方がいるのなら、すぐにその方に連絡するべきです!

「空きがないからダメなんだ…」と、空きが空いたとしても、人気の方は秒で埋まります。

なので、「空きがない」と言われたとしても、「是非、お願いします!」と、次の空き予約をする勢いで、その方に思いの丈をぶつけてください。

これは私が昔からしていた手法なのですが、

ふとした時に思い出してもらえたり、優先してサービスが受けられたり、「ここまで想ってくれるなら、いっちょやってみっかー!」と空きを作ってくださったり(本当に感謝でしかない)など、縁を自ら最短で引き寄せられることもあります。

※催促はだめだけど、1ヶ月に一回程度なら、挨拶や感謝を込めて、連絡をしてみてもよい。

人の心を動かすのは、やっぱり人の心。

ただし注意なのが友達&家族です。

なぜなら、「身内フィルター」であなたのことを見てしまうため、客観視ができません。

「あなたならもっといい人がいるよ!」

「こんなのあなたじゃないよ!」

身内フィルターのせいで、どんどん「身内ウケ」になります。

これから会う人は、身内ではないのです!!!

初対面のなにも知らない方です!!!!

どうか、頼る相手を慎重に。

自分の責任は自分です。

【対処法】

「自分に合った婚活のプロに頼る。「空きがない」と言われても、すぐに連絡しよう!」

 

⑨情報を見すぎる

スマホユーザーが増え、情報疲れを感じている人は、非常に多いことでしょう。

情報摂取は無意識で、脳疲労を起こし、鬱の原因にもなります。

「どれが正解なの?」見れば見るほど、考えすぎる。

〇〇な人の特徴などの投稿を見て、「自分のことだ…」「あの人はこうなのに、なんで自分は…」と落ち込む。

婚活一般論を意識しすぎて、がんじがらめになる。

友達の結婚系投稿に張り合ってしまう。

比較しすぎて自己肯定感が下がる。

これらは、取り入れたい情報だけではなく、余計な情報まで入ってくるため、

正常な判断ができない状態に陥っています。

前向きな気持ちになれないのなら、すぐにSNSを見るのを辞めるべきです。

どうしても「有益な情報を知りたい!」のであれば、正解探すのではなく、発信者の目的を見極めてください。

特に参考にした方がいいのは自身の成功ノウハウ発信を目的✖︎結婚しているのアカウント。

自分の得た学びや失敗談からの攻略法、婚活&結婚したからこそ分かる心がけを知ることができます。

私も※2回目の婚活では、幸せな結婚をした方のみ話を聞いていたので、情報の取捨選択は大事だな…と、痛感しました。

※1回目の婚活は2年半費やし、痺れを切らし、焦って婚約→婚約破棄→全て失いホームレスに。2回目の婚活は3ヶ月で夫と出逢う→3ヶ月後に婚約

怒りやネガティブに満ち溢れた言葉、自身のストレスをアウトプット目的、共感&慰めをしてもらうための情報(ブログ、漫画、Twitter等)なんぞに、あなたの大切な時間と心を費やしている暇はありません。

自分から自分を苦しめているなんて、自分を大切にする行動ではありません。

何かをするよりも、まずはなくすこと(やめることを決める、見ないものを決める、持たないものを決める)から始めると自分にとって何が必要か自ずと見えてきます。

人は出会ってきた言葉でできている。

【対処法】

「情報の取捨選択をしよう!」

 

⑩圧倒的に自分を知らない

質問です。

自分の気持ちを一番知っているのは誰でしょうか。

答えは「自分」です。

えー!知らないよー!という方もいらっしゃるかもしません。

安心してください。

アメリカの心理学者ターシャ・ユーリック氏は、自己認識に関する長年にわたる研究を通して、

「95%の人は自己認識ができていると思っているが、実際には10%~15%の人しか正しい自己認識をしていない」

という統計を明らかにしています。

なぜ、自分自身の才能や気質、思考の癖、感情に対しての認識が低いのか…

単純に「自分を知る」ということをしていないからです。

自分の気持ちを振り返っていないからです。

何をされたら「嫌」な気持ちになるのか

どんな状態のときに「幸せ」と感じるのか

どんな時に「安心感」を抱くのか

なぜ「違和感」があって前に進めないのか

自分の「強み」「魅力」とは何か

自分の「得意」「不得意」は何か

自分の「好き」「嫌い」は何か

自分の人間性、能力、経験、知識、何が備わっているか把握できていますか?

自分の気持ちを無視していませんか?

同じ言葉でも、人それぞれ違った背景があります。

自分の気持ちや信念や癖など、「自分」という人間を

見る努力・知る工夫・知る時間=アウトプット

を取らなければ、一生知らずに終わってしまいます。

自分の気持ちを気づこうと、知ろうとしなければ、存在していないことと同じです。

私たちは人との出逢い=刺激によって、自分の価値観がどんどん変わってきます。

今まで思わなかったこと、考えもしなかった考え方、見えなかった景色、物事の捉え方、こうしてこのブログを読んでいるだけでも、数秒前の自分と今の自分は変わり続けています。

自分を深く深く知らなければ、深く深く知り続けなければ、①〜⑨を「自分にとって」どうすべきか、最善の選択を追求できないです。

また、自分がどうしていきたいかも見い出せない。

相手をどう知って良いか分からないままです。

自分にできることしか、他者にできない。

答えは己の中にある。

【対処法】

「自己分析をして、自分への理解を深めよう!」

 

最後に。結婚できる人はコレがある!

結婚とは

相手に何を与えられるか=何をしてあげれるか=何をしてあげたいと思うか

なんです。

「幸せにしてもらう」のではなく、

「幸せにしたい」と思える人と結ばれます。

人は誰しも失敗をします。

間違います。

欠点があります。

短所があります。

変化します。

過去があります。

「自分の方がやってあげている」と思います。

それでも

相手の役に立ちたいな、喜ばせたいな、幸せにしたいな、「愛したいな」と思える人だから、結婚するのだと私は思います。

それでも丸ごと受け入れたい。

隣にいてくれるだけでいい。

存在そのものが愛おしいから。

そう思える人でないと、夫婦生活はやっていけないですし、自分の愛情が続きません。

自分の「愛する」とはどんなものか。

あなたの答えを見つけてみてください。

まとめ。

種明かしをします。

男性は「女性を幸せにしたい」と心から思っている生き物です。

自分といて幸せそうにしている=あなたの笑顔のためなら、お姫様のごとく尽くします。

あなたの敵ではなく、味方です。

「味方だな」と思って、

「理解してくれるな」と思って、

もっと、目の前の男性を信じて接してください。

もっと、知ろうとしてください。

知りたいという気持ちは相手へ興味を持って関わるということ。

関わるということは話そうとすること。

話そうとすること愛そうとすること。

「愛し合う」とは「知り合う」ことなんです。

もっと、知りたいな。

どんな人なんだろう?

どんな苦労や努力をされてきたのだろう?

どうしてこんなにも一生懸命なんだろう?

他にどんな魅力があるだろう?

仲良くなりたいな、好きになれたらいいな。

もっと喜んで欲しいな、心地よくなってもらいたいな。

そんな、

相手への真心は必ず伝わります。

最後に大事なことを申し上げます。

結婚したいなら、本気で結婚すると決める。

変わりたいなら、本気で変わると決める。

幸せになりたいなら、本気で幸せになると決める。

中途半端にするから愚痴がでます。

いい加減にするから言い訳がでます。

感謝ができないから自分にも相手にも素直になれないのです。

結婚できる人は「本気」「覚悟」「決断」「感謝」

どんなに小さい決断でも、すべて自分で考え、自分で判断をしなくては自分の人生を切り開くことができません。

自分の人生の責任は自分。

外見も内面も将来も、わたしがなりたい「私」を生きろ。

🌸詳しいプロフィール🌸

👉https://this-is-hotoke.com/self-introduction/yasasiisiawase/

🌸対面・zoom・LINE(DM)でのご相談依頼・ご要望・ご意見🌸

LINE👉http://lin.ee/oUWey1W

🌸相談所への入会検討はよもぎ姉さんへ🌸

👉https://twitter.com/sugar_2830

これを読んでくださったあなたは幸せになるしかない!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。