あげまんがしている〇〇!〜誉め上手は愛し上手〜



すべての人が幸せになる 心にとどめても見えなかった美しくもやさしいせかいを彩るー。

どん底人生から妥協せず幸せな結婚をした、いろふちゃんでございます🎀

ブログを読みにきてくださり誠にありがとうございます✨

 

読むだけで幸せ爆盛!

唯一無二の輝きを纏う”私”がなりたい”私”

がテーマのブログです☺️

自分の在り方を一緒に見つめながら、今宵もあなたのお悩みに深く寄り添います。

 

今回は、あげまんがしている〇〇、第一弾!!

誉め上手は愛し上手。

についてです🌸

 

賢い女性ほど〇〇をしてしまう!

賢い女性はついつい「こうした方がいい!」とすぐ気がついて言っちゃうけど、そこをぐっと堪えて
まず、彼の言い分を聞くべし。

それをしっかり聞いて受け止めた上で、

誉める。

誉めるとは、『感謝+尊敬』です。

私はこの誉めるを”誉め愛”と名付けていますが、この誉め愛を浴びた人はだれでも自信がつき、イキイキします。

 

「ありがとう!すごく助かるわ!」
と、あなたが感謝するほど、彼は頑張ります。

「優しくされると嬉しい!こんなに優しくしてくれる人は他にいないよ!」
と、あなたが信頼するほど、彼はもっと優しくなります。

「すごい!そういう考え方もあるんだね!」
と、あなたが尊敬するほど、彼は頼もしくなります。

 

そんな些細なことの積み重ねが自信になります。

 

まとめの話。

彼の幸せは自分の幸せと考えて、彼の成功を願うことが、あげまんになるための第一歩です。

そう思えるようになれば、彼の喜びを一緒に喜び、仕事を頑張る彼を応援し、彼のために何かしてあげようと心から思えるようになります。

また、愛する喜びを知ってこそ、愛される喜びを実感できると私は思います。

 

よく彼(夫)を育てると言いますが、違います。

応援してください。

 

パートナーと長く良好な関係でいるには同じ目線でいることです。

『育てる=褒める』は、どちらかというと、彼を下に見ている、または尊敬する気持ちが足りていないので、こちらの気持ちがそもそも長続きしなくなる恐れがあります。

尊敬できる人なら、自分自身がそうありたいと自然に努力することができるし、好きという気持ちが冷めにくいと、心理学でも言われています。

尊敬とは言わば、愛を繋ぐ強力接着剤。

感謝+尊敬』を忘れずに、今日から誉め愛を振りまいて見てくださいね。

 

🌸対面・zoomでのご相談のご依頼やブログのご要望・ご意見はLINEまたはTwitterのDMにて🌸

http://lin.ee/oUWey1W

メニューの単発サポートできます✨

🌸口コミ🌸

 

これを読んでくださった、あなたは幸せになるしかない!